特別版 Assistant Producerに聞く

今回は本番当日ということでレポーターの11マイクが

レポーター マイク

 

 

直接!Assistant Producerの大吉さんにインタビューしてきました!!

大吉さん

いよいよ今日は本番ですね。

本日θ館では朝から終日仕込みがおこなわれていま す。

K.O.Eでは自分たちが乗るステージもみんなで協力して作り上げる。真剣な がらもわきあいあいと作業を続けています。

本番当日ということで、あらためてこのコンサートの見所を復習しましょう。 コンサートの注目ポイントは3点。バンド特別企画全体曲です。 K.O.Eを代表する12のバンドの個性を、特別企画の新たな試みを、全体曲に込 められたK.O.Eのすべてを、是非目撃してください。

僕らK.O.Eのこの秋の努力が、ついに形になろうとしています。K.O.E冬コンサー ト紅白歌合戦、サークル員として誇りをもってお客さんを招待できるものになっ ております、明日はθ館でお会いするのが楽しみですね。

では、失礼します。

Posted in PAP

アカペラシンガーズK.O.E. 紅白歌合戦始動

今年度、最大級のコンサートがここに。冬コンサート”紅白歌合戦”始動。

来る12月16日(日)、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスθ館にてK.O.E. Winter Concert 2012 “紅白歌合戦”が開催される。
“紅白歌合戦?某番組と同じタイトルじゃないか”と疑問を持たれた読者も多数おられることだろう。しかし、その疑問はまさに今回のコンサートのProducer、常山航氏の思惑通りである。

「紅白歌合戦と言えば、年の瀬の最大級のイベントです。紅白歌合戦と聞くと、それだけで華やかさ、お祭り感といったイメージが湧きませんか。そんな紅白歌合戦をK.O.E.というアカペラサークルがやるらしい。なんだそれは。一体どのようなことをするのだろう。どんな面白いことをするのだろう。そんなワクワク感とともにコンサートに来場していただきたい」と常山氏は語る。

常山氏は、今回のコンセプトを”ウタノチカラ”。だと断言する。ウタノチカラで人々に伝える。ウタノチカラで人々を魅了する。ウタノチカラで人々と繋がる。そんな常山氏とK.O.E.は一体どのようなコンサートを思い描いているのだろうか。

コンサートの注目ポイントは3点。バンド、特別企画、全体曲である。
バンドでは、一次音源審査、二次実施審査の2つの関門をくぐり抜けたKOEを代表する精鋭12バンドによる、個性あふれる演奏が繰り広げられる。アカペラでX Japan のあの名曲を?ゴスペラーズのあの名曲を?気になるところである。
特別企画では有志による”マッシュアップ”が披露される。マッシュアップとは、2つの曲のそれぞれメロディー、伴奏を抽出し、ひとつの曲にしてしまう手法である。それを今回は、まさにウタノチカラとウタノチカラの融合体。一体どのようなメロディーが生まれるのか。それは当日のコンサートでのみ知ることができる。
そして、”ウタノチカラ”の集大成、全体曲。K.O.E.のサークル員全体が織り成すハーモニーに目を奪われることまちがいなしである。総勢100名近いサークル員の想いをお客さんに合計2曲お届けする。

今回のK.O.E.冬コンサート、一瞬たりとも目が離せない内容となっている。「冬コンサート、是非いらしてください。最高のエンターテイメントでお出迎えします。」常山氏はあふれんばかりの笑顔でそう締めくくった。

(文責:Assistant Producer 坂尻愛明)

力説する常山氏

力説する常山氏

Posted in PAP